【動画で知ろう!】アルマシングル屋根材で古い屋根への塗装をせずカバー工法へ切り替え解決

【動画で知ろう!】アルマシングル屋根材で古い屋根への塗装をせずカバー工法へ切り替え解決

Play Video about 東村山市|屋根塗装からカバー工法の方が良い時のケースの紹介

こんにちは近澤です
今日は屋根のことについて
実際にCHIKAZAWAで工事させてもらったお客様の物件のお話です
東村山支店に問い合わせいただいて
外壁の塗装、屋根の塗装をしたい
他の業者さんと相見積もり
外壁と屋根の塗装のご希望ということなので
屋根、外壁と全部見させて頂いたんですが
写真でも見ていただいてもわかるんですが
屋根が『コロニアル』といわれる屋根材
ひび割れが起きていたりとか屋根材が欠けていたりとかします
他社さんでは屋根の塗装でできるという判断で
依頼が来ていたみたいなんですが
水洗いをした時にひび割れ、破損
だいぶ浮き彫りになってくるんじゃないかと思って
お客様には2種類の見積もりを出させていただきました
屋根が塗装ができないレベルの破損も危惧していた
屋根の状態から見ても
これは屋根を張り替えた方がいいんじゃないかという提案をして
お客様にその旨を伝えたところ
しっかりと見ていただいてその判断で
お任せします、としっかりやってほしいということだった
足場を立てて水洗いをしました
その時に撮った動画がこちらです
足場を組んでまず水洗いをした状態
だいぶ苔とか汚れが落ちた状態で真っ白な形で
綺麗にはなったんですがよく見ると割れとか、ヒビがすごい状態で
これだと塗装ができないという判断で
やはり最初の話に戻って屋根を張り替えなきゃいけない
この動画を見ていただいてご説明させていただきました
原因としては近年大雪とか
その積雪による荷重によってひび割れていたりとか
割れを引き起こしてたりとか
屋根材そもそもが『コロニアル・ネオ』といわれる屋根材で
アスベストの有無の切り替えの時期の屋根材
当時アスベストを使っていない屋根材は柔らかい物を多かった
築15年ぐらいのお客様だとそれが該当してしまうようなこともある
こういったところも見てわかるような業者さんじゃないと
黙って練られちゃって無駄なお金になってしまうとか
今後塗装して雨漏りしちゃうとかということを考えると
注意していかなきゃいけない屋根材
屋根材をカバーするやり方でご提案させていただきました
カバーというのは今の屋根材の上から
軽い屋根材で覆ってしまうという工法になります
そのメリットとしては既存の屋根をはがさなくて
かつその屋根材を剥がした処分代が軽減できる
かつ工期短縮というところに関しましては
最適かなと思いまして屋根材もいろいろ種類があるんですが
デザイン性に優れてかつ軽い屋根材
『アスファルトシングル アルマ』という屋根材をご提案
既存の屋根の上から防水シートを貼りまして
この屋根材の特徴としましてはアスファルト型の屋根材で
天然石をまぶしてあるような屋根材なんですが耐久性的にも
15年、20年と塗装しなくても十分な屋根材になっております
20年、30年経っても汚れがひどい場合は
再塗装とかメンテナンスが必要
割れとがヒビが今までみたいにないという屋根材なのに
金額的にもお求めやすく見た目もイメージチェンジ出来る
安心できる屋根材かなと思っております
もちろん屋根材をカバーするということに関しまして
屋根の重さを気にされる方がいますし
このお客様も屋根材の重さを気にされておりました
屋根材をカバーするにあたって
下地の問題がしっかりしているかどうかがキーになってくる
下地に関しては雨漏りしてたりとか
上った時に下地の状態もチェックさせていただきました
CHIKAZAWAは5年間の施工保証工事をつけている
この下地ならカバー工法が出来るという判断
状態または下地の状態というのも
業者さんとかまた当社の方に
お問い合わせいただければと思います
屋根を撤去して処分するとなると屋根材も
屋根を撤去して処分するとなると屋根材も
スレート、瓦からいろいろあるんですが
スレートの屋根で20坪から30坪未満ぐらいの屋根材で撤去した場合ですと
だいたい20万から処分を入れて30万円いかないぐらい
その分がかからないというところではやはり
このままカバーできるということで
業者さんの方がしっかりと補償とか説明をちゃんとできるのであれば
カバー工法でもいいのかなと思います
僕の見解としてはやはりお客様には
お財布事情的にはやはり負担なく
適当な工事もされたくないだろうし
ちゃんとしてあげなきゃいけないという思いで
ちゃんと診断してあげなきゃいけなかった
厳しい評価にはなりましたけれどもやり変えなきゃいけないという判断
その方が結局最終的にやってよかったと言われる
工事の内容だと自信を持っている
今日は屋根材についてお話しさせていただきましたが
屋根材もいろいろ種類あるのでまたその中で
こちらからいろいろな屋根材をご提案させて頂くこともあるんですが
その時はいろいろ質問や言っていただければと思います
今日は最後まで見ていただいてありがとうございます
チャンネル登録と高評価の程お願いします

この動画の要約

東村山市|屋根塗装をせずカバー工法の方が良い時のケースの紹介

この動画のポイント

お客様『外壁塗装・屋根塗装がしたい』|相見積り

現地調査で判明する屋根の問題点

地域:東村山市
屋根材:コロニアル
状態:
・ひび割れ
・屋根材の欠け
・他業者から「屋根塗装可能」の判断

当社では2パターンの見積りを提案

屋根が塗装可能な場合、塗装不可能な場合

屋根の状態から当社ではもしかすると屋根の塗装ができない可能性を危惧し、2パターンで提案を行いました。もし屋根塗装が不可能な場合は屋根の張替えとなります。その内容を拝見し、当社で施工する事となりました。

足場を立て水洗い調査

屋根の水洗い調査をする事でより問題が鮮明に

足場を組み立て、水洗い調査を行うと屋根がきれいになる事でより屋根のひび割れ、欠けた部分が鮮明になり、屋根塗装は不可と判断しました。

使用されている屋根材は「コロニアル・ネオ」

アスベストの有無の切り替えの時期の屋根材

当時アスベストを使っていない屋根材は柔らかいものが多かった時代がある為、特にもしお客様がコロニアル屋根材を使い、築15年程度(2022年現在)の場合、それに該当していしまうような事もあります。 こういった細かい部分の経験と知識がない業者の場合にはそのまま塗装をされてしまい無駄なお金になってしまう、あるいは、塗装後に雨漏りが起きてしまうといった事が起きるケースがあります。ですので、このコロニアル屋根材は注意する注意する必要があります。

屋根材を覆う・カバー工法

カバーというは今の屋根材から軽い屋根材で覆う工法の事を言います。

メリット
・屋根を剥がした処分代が軽減(約20万程度)
・工期が短縮できる
提案した屋根材:アルマシングル
この屋根材のメリット:
・デザイン性に優れている
・軽い屋根材
・求めやすい価格
・アスファルト系の屋根材
・天然石がまぶされている
・耐久性が良い(15年~20年塗装の必要なし)
・コロニアル屋根のようなひび割れや欠ける事がない材質
・色が良くイメージチェンジしやすい

屋根材をカバーするって全体的に重くならないの?

屋根材をカバーする事で問題になるか、どうかは下地をしっかりしているかがその結果を左右します。今回の場合、下地がしっかりしていたのでカバー工法は問題ありませんでした。雨漏りにも影響します。 このケースでは当社は5年の工事保証をつけました。

屋根塗装・外壁塗装を検討されているお客様へ

上記、ビデオや内容をご覧頂き、どうでしたでしょうか。業者によってどう判断されるかで施工内容が異なり、その費用が発生します。つまり正確な見地に立って判断を下せない業者に任せると無駄な費用が発生する可能性があります。現在使用している屋根材、築年数、屋根の下地の状況、屋根全体の劣化状況、様々な部分を確認するのが「現地調査」となります。郵送してきた見積り書だけ見てもその真意をくみ取るのは難しいはずです。業者の方と会い、顔をみて、しっかりとした説明を受ける事がもっとも重要です。

当社ではできる限りお客様の立場に立って、現場の状況を踏まえながら最善策を現地調査の段階からしっかりと判断します。お客様の立場に立つという事は『無駄な工事をして無駄な費用を発生させない』『長期的に家を診て長持ちするための一番の経年劣化対策は何か』そういった観点で対応しています。 もちろん、大切な家ですから適当な工事もされたくないでしょうし、責任をもって自分の家と同じ神経の使い方できめ細かく作業にもあたりますので、目の前の工事が安ければいいのか、という目先の判断を行わず的確な工事内容の提案を行います。その方が長期的にみて安く・高品質で維持できるからです。今回は塗装を希望されていましたが、屋根の葺き替えを行う形となりました。最終的には「やってよかった」となる判断で最後まで作業をさせて頂きます。 2社以上からの相見積りをお勧めしています。複数の業者から必ず相見積りを取り、一番安心して任せられる業者にされる事をお勧めします。

当社の参考記事

2022年度|東村山市の住宅リフォーム・修繕・改築に対する助成金・補助金

東村山市|外壁塗装・屋根塗装の費用相場と安く抑える方法|業者選びのポイント

東村山市|雨樋・雨漏り修理の費用相場・費用を抑える方法|当社施工事例の紹介

東村山市|屋根修理・塗装工事の詐欺に騙されない悪徳業者の巧妙な手口と回避方法

当社の工事エリア

狭山市、入間市、所沢市、川越市、鶴ヶ島市、日高市、坂戸市、飯能市、ふじみ野市、富士見市、三芳町、志木市、朝霞市、新座市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市
※上記エリア以外の方も柔軟に対応致しますのでまずはご連絡下さい。

職人・安江|株式会社CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。修理・修繕、なんでも懇切丁寧に対応します! 職人・ティン|株式会社CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。修理・修繕、なんでも懇切丁寧に対応します! 職人・増田|株式会社CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。修理・修繕、なんでも懇切丁寧に対応します! 職人・田中|株式会社CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。修理・修繕、なんでも懇切丁寧に対応します!
近澤社長|CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。

自信があります。お任せください。2社以上からの相見積もりを取る事をお薦め致します。

外壁工事・塗装工事
屋根工事・雨樋工事
内装工事・防水工事・外構工事・足場工事・シーリング工事・白蟻駆除
対応エリア
狭山市、入間市、所沢市、川越市、鶴ヶ島市、日高市、坂戸市、飯能市、ふじみ野市、富士見市、三芳町、志木市、朝霞市、新座市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市
当社のロゴ|株式会社CHIKAZAWA|狭山市、入間市、所沢市、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、ふじみ野市、富士見市、三芳町、志木市、朝霞市、新座市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。

株式会社CHIKAZAWA

建設業許可(般-27)第69007号 本社:埼玉県狭山市南入曽409-4
川越支店:埼玉県川越市川鶴2-13-8 矢野ビル1階
東京支店:東京都東村山市秋津町5-24-7-105