西東京市外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理なら職人の店

西東京市の外壁・塗装・屋根・雨樋の専門の職人による完全自社施工でホームドクターとしてお客様の家に関するお悩みを解決する職人集団です。特に屋根塗装、外壁塗装となりますと10年~20年の未来を見据えた低コストで高品質で家全体の防水性を高めます。

西東京市で外壁塗装や屋根塗装、リフォームや雨漏り修理を検討されている方は、当社は2社以上からの相見積りを推奨していますのでお気軽にご相談頂けます。

西東京市への現地調査・見積りは完全無料

Play Video about 現地調査の様子|CHIKAZAWA|外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理・リフォーム・外装修繕なら

現地調査の重要性西東京市

施工業者とお客様との最初のステップが現地調査となります。現地調査の結果によって施工プラン、見積りの内容が提示されますので、ここでどのような判断になるか、また施工業者がどのように現地調査を行うかが重要なポイントとなります。例えば雨漏りの場合、現地調査や散水調査が不十分な為に、再施工をする事になるといったケースも珍しくありません。可能でしたらできるだけ現地調査に立ち合い、業者の雰囲気、業者が実際の家の様子に基づいた診断をしているのか、近所に配慮できているか、など知るようにしましょう。「プロだから」とお任せていて、見積りの合計金額だけを見ると失敗する事も十分に考えられるからです。

人口・地形・気候西東京市

西東京市は人口165,584人、年間平均気温(2015年~2023年)の最高は8月の27℃。最低は1月の4℃。塗装をする地域としては、定義的には年中適しているとみて間違いないでしょう。西東京市は、東京都区部の西部地域に隣接し、武蔵野台地のほぼ中央に位置しています。都心から約20㎞で、西武新宿線と西武池袋線で都心と結ばれ、市内には5つの駅(田無駅・ひばりが丘駅・保谷駅・西武柳沢駅・東伏見駅)があります。北は埼玉県新座市、南は武蔵野市および小金井市、東は練馬区、西は小平市および東久留米市に接しています。東西 4.8㎞。南北 5.6㎞、面積は 15.85㎢です。

施工完了時の様子|CHIKAZAWA|所沢市、狭山市、川越市、東村山市の地域密着型施工会社|外壁工事、屋根工事、塗装工事、雨樋工事、内装工事を中心とした施工・修理・修繕が得意な職人集団です!所沢市、狭山市、川越市、東村山市のお客様とお客様の住まいについて一緒に考えるアットホームな施工会社です。

業者の選び方西東京市

なぜ業者を選び、メンテナンスをする必要があるのでしょうか?まずはその原義について理解する必要があります。それは「防水性」の維持です。主な要因の一つとして、水の侵入が一番の劣化の原因だからです。そのきめ細かい作業の為に業者に家の修理を依頼する必要があるのです。その防水性を担保する方法の大きな一つとして塗装があるわけです。しかし、業者を選ぶには慎重な判断が求められます。その理由は、外壁塗装業を開業する際は免許や許可を取る必要はないため、どのような業者でも仕事さえあれば外壁塗装業を行うことが可能だからです。つまり業者によってその良し悪しも均一ではありません。だからこそあなたの『身体』ともいえる大切な家のメンテナンスは都度、慎重になる必要があるのです。

新築から10年経てばそろそろメンテナンスの時期が訪れますが、インターネットで検索、単純な見積り金額が安いからといって施工業者を選ぶと大きな損をしてしまう事があります。まずお伝えしたい事は、「簡単な塗装についての知識を学び、適正価格を知る」事が大切です。よくわからないから業者にお任せしたい、と完全に任せてしまうと費用と家が大変な事になる事があります。経験の浅い業者に任せると一見完工に見えても、不十分な為に雨漏りの原因になったり、屋根にある問題のなかった雨樋を変更され、経年劣化が早まる状況を作られてしまう、そういった事も起きかねません。屋根・壁・塗装・雨樋、大きくわけてこの4点の防水機能の全体像のバランスを十分に理解している業者を選んで下さい。

しかしながら、プロの視点から見ても昨今、お客様による『業者選び』というのは非常に複雑で判断が難しくなっていると想像しています。その理由として、営業で契約だけを取る事だけを考えている無責任な業者であったり、信頼してしまう心理的な要素をうまく操作する悪徳業者もいて、あなたの親に説得していたり、配偶者と話をつけようとしていたりと様々な形で契約にもっていくからです。なぜ複数の業者からの相見積りが心強いものになるかとお申し上げますと、家の知識・施工に関する基本知識や相場の金額・業者からの様々な視点からの指摘を知る事は自分でしっかりと守れるように判断力がつくからです。プロの外壁塗装や雨漏り修理業者だからといってお任せにせず、あなたの大切な家を守ってくれる業者かどうか必ず判断するようにしてください。西東京市に住む皆さんにとって、現地調査はその判断が非常に見えやすい最初の瞬間ですのでぜひ立ち会うようにして以下のポイントに着目して下さい。

・完全自社施工なのか
・現地調査での業者の様子
・施工実績や経験値があるのか
・契約を早くするように急かされるか
・施工内容に対する通常の相場を知る
・見積書が詳細で、適正価格か
・飛び込み営業・営業販売との契約は冷静に
・アフターフォロー / 工事保証の内容
・あなたがする質問にちゃんと誠意をもって答えてくれるか

特に塗装については、塗料の商品名やメーカー名も様々、冬場・夏場と環境に合わせて適切な対応が必要となる為、しっかりと技術と経験のある業者を選ぶ必要があります。家は一軒一軒異なりますのでプランの中身、家の問題点をどこまで親身になって説明してくれるかが大きなポイントと言えるでしょう。また訪問販売や営業で屋根に上って無料調査を突然アプローチしてくる業者には屋根に上がらせず施工事例や会社情報などを確認し、後日改めて決める方向で話を進めて下さい。

施工事例(一部)西東京市

※現在、施工例データを収集中となります。詳しくは直接お問合せ下さい。

当社が選ばれる理由西東京市

相見積り推奨

当社ではお客様に相見積りを2社以上からお取りする事をお勧めしています。

完全自社施工

高品質・適正価格。各種専門の職人チームによりコスト削減が可能

安心の工事保証

契約内容により、最大5年間の工事保証・点検等のアフターサービス

Play Video about 当社代表挨拶|CHIKAZAWA|外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理・リフォーム・外装修繕なら

西東京市への現地調査・見積りは完全無料

大切な屋根のお話屋根塗装・屋根工事

屋根のもっとも重要な機能は「防水性」、つまりは雨漏りを起こさないことだと私たちは考えています。 創業から10年以上経ち、これまで6000件以上の様々な現場を経験してまいりました。そこで私たちが一番重要にしている事は『家は人の身体と同様に一軒一軒、その特徴・仕様が異なる』という事です。一重に違うといった事も、屋根の下地の種類なのか、屋根材の種類なのか、デザインはもちろん、築年数などでその対処も異なり、それを判断する業者の施工内容もまた異なります。つまり現地調査の結果は業者によって様々異なる為、相見積りをして安心できる業者を選ぶことが大切です。

そしてお客様がどのように家を使用してきたか、またお住まいの環境によって経年劣化の状況もまた異なる為、修繕工事の内容も同じ対処法でも施工過程で重要にするポイントもまた異なります。特に屋根は見えない部分が多いからこそ、仕上がりも、施工手段も業者次第で大きく異なります。塗装を希望していたが、屋根が古すぎて塗装ではなく葺き替えやカバー工法がベストという事もあります。屋根は施工内容によりますが決して安い金額ではありません。自社施工だからこそ、無駄な費用を発生させず、お客様へ安心とご満足いただける仕上がり、家の未来を提供致します。

費用・工期・時期の目安屋根工事の種類別

30坪あたりの相場40~80万円

屋根塗装

工期:約10~15日間
築年数目安:築15~20年目

30坪あたりの相場140~200万円

葺き替え

工期:約10~15日間
築年数目安:築30~40年目

30坪あたりの相場70~100万円

葺き直し

工期:約7~10日間
築年数目安:築30~40年目

30坪あたりの相場10~30万円

棟板金の交換

工期:約2~4日間
築年数目安:築15~20年目

30坪あたりの相場80~120万円

カバー工法

工期:約5~10日間
築年数目安:築30年目

30坪あたりの相場3~30万円

屋根材の修繕

工期:約1~3日間
築年数目安:不問・異常を発見次第

30坪あたりの相場10~25万円

漆喰交換

工期:約2~4日間
築年数目安:築15~20年目

屋根の負担を軽くタスペーサーを推奨しません

Play Video about 当社ではタスペーサー非推奨|CHIKAZAWA|外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理・リフォーム・外装修繕なら

同業他社がしばしば勧める縁切りアイテム『タスペーサー』についてのビデオです。スレート系屋根材での屋根塗装の際に使用され、屋根材と屋根材の間に使用するものになります。実は、当社では【お勧めしていません】。この理由を詳しく説明しています。屋根の劣化、積雪による屋根の加重によって被害が起きているお客様でよく使用されている事がわかってきました。これはタスペーサーがテコの原理を利用している為、割れやすく屋根への負荷がかかりやすい事が大きな理由となりますので、当社の方針ではカッターナイフやスクレーパーによる縁切り作業を行い、屋根材と屋根材の間に何もない状態をベストとしています。塗装の工事を検討されている方はぜひご覧下さい。

よくある質問屋根塗装・屋根工事編

足場代はほぼ必ずかかるとお考えください。 ほとんどが高所作業となる屋根工事で、足場が不要な場合はまれです。 屋根工事では90%以上の割合で足場の設置が必要の可能性があるといっていいでしょう。足場代(約15~20万円)は大きな出費ですが、法令上の義務でもありますので、ご理解ください。足場が不要だったケースは、もともと人が立ち入れる陸屋根の損傷だった場合や、ベランダから簡単に手が届く部分の修理であった場合などです。ですので外壁塗装や雨樋と一度にセットでメンテナンスされるお客様が多い傾向にあります。

屋根材を剥がしている状態であれば、野地板(下地)が水を吸い込み腐食するリスクがあります。 また、塗装中も塗料が水で流れてしまうため、雨は大敵です。 業者にとっても滑って転倒する危険が増すため、雨が降ったらすぐにブルーシート等で防護のうえ、工事を中断するのが普通です。

工事中であっても家屋内ではいつも通りの生活をしていただけます。ただし作業音などは発生いたしますので、事前にご了承ください。また工事中に外出されることも問題ありません。電源をお借りする場合がございますので、その際はご協力お願いいたします。

施主が在宅していなくても、工事は進められます。 また、業者にトイレを貸さなくても大丈夫です。 無用のトラブルを避けるため、きちんとした業者であれば施工先の家のトイレ利用を断ることもあります。

修理を行った業者による施工不良が考えられます。保証制度でお金をかけずに直せる場合がありますので、まずは前回の修理時の業者に連絡をしましょう。新築してすぐに雨漏りしてしまった場合は、同様にハウスメーカーへお問い合わせください。

どんな種類の屋根材を使用しているかで異なります。

・粘土瓦 – 15年~25年
・スレート系、セメント系 – 7年~15年
・金属系 – 10年~20年

目安を記載しましたが、どのような場合も10年未満で点検をお勧めします。 大きなリフォームが必要になる前に定期的な点検を行ってください。

カバー工法は、予算の都合上「葺き替え」を行えない場合の代替手段であり、積極的にカバー工法を選ぶのはオススメできません。 カバー工法には、元の屋根の内部に異常があっても直らない、後々雨漏りした場合に余計に修理費用がかかる等のデメリットがあります。

西東京市への現地調査・見積りは完全無料

外壁のリスク外壁塗装って本当に必要?

「そんな高いお金を払ってまで、外壁塗装をする意味ってあるの?」「見た目だけじゃないの?」そういったご意見をよく拝聴します。先に結論を申し上げると、外壁塗装が必要ないかどうかは外壁の種類によります。とはいえ、ほとんどの外壁は定期的な塗装が必要です。

塗装が必要な外壁の場合には、外壁が早い段階でもろくなったり、雨漏りが発生したり、そこから補修費が外壁塗装費より高い金額になり、結局のところ、お客様がご自身の物件を売りに出そうとしたときに、不動産価値自体が下がる、そういった事につながるという事を知っておいて下さい。防水性能が下がるといっきに建物は劣化が激しくなります。特に外側と内側で見た場合、内側の浸食やダメージというのは気軽な金額で改善できませんし調査自体も外装に比べ問題の検出が困難です。

外壁塗装で外側の外壁材を定期的に守る事で内側のダメージや経年劣化を最小限に留める重要な役割があるのです。つまり、【外壁強度の回復】【防水性能の回復】【外観美維持】この3点を実現する為に外壁塗装というのが必要なのです。

費用・工期・時期の目安外壁工事の種類別

30坪あたりの相場80~120万円

外壁塗装

工期:約1~2週間
築年数目安:築10~15年目

30坪あたりの相場120~180万円

重ね張り工事

工期:約1~2週間
築年数目安:築20~25年目

30坪あたりの相場150~200万円

張り替え工事

工期:約2~3週間
築年数目安:築20~25年目

m²あたりの相場下記参照

補修工事

費用相場
コーキング打替:500~1,000円/m²
ひび割れ補修:約2,000円/m²
塗膜補修:約2,000~5,000円/m²
工期:約1日~1週間
工事目安:5~10年に1度
※劣化の程度によってはすぐにでも起きる可能性アリ

当社推奨塗料『クリア塗料』安価・耐候性・耐久性・UVカット

Play Video about 当社ではクリア塗料・外壁塗装を推奨|CHIKAZAWA|外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理・リフォーム・外装修繕なら

当社では、建物の仕様・劣化状況によりますが、新築から初めてのメンテナンスの場合は特に、長期的な観点でお客様にとって一番コストが安く、経年劣化を防ぐ対策として、今の外壁材を色を変えずに長持ちさせるという事を条件として、塗膜に『クリア塗装』をまずお勧めしています。工事の時期は8年~10年頃が頃合いとして見ています。きれいに仕上がり外壁も長持ちするのでぜひ参考にしてください。

よくある質問外壁塗装・外壁工事編

足場代はほぼ必ずかかるとお考えください。ほとんどが高所作業となる外壁工事で、足場が不要な場合はまれです。

申し訳ありません。雨の日の作業はお休みです。従って天候によっては作業日程に変更が出る場合もあります。

もちろんです。撤去作業の後、周辺の清掃を行いゴミも職人が持ち帰ります。

塗料が飛び散らないようにシートを被せることです。植木や車、門扉などにも細心の注意を払います。

一回に塗る量や厚さは、塗料の種類によって決められています。一度に厚く塗ると、だれ、つやが不均一がったり、乾燥不良など仕上りが悪くなります。

汚れをキレイに洗い流した後にひび割れを埋めたりして表面を美しく整えます。この作業の出来が、後の仕上りにおおいに影響します。

西東京市への現地調査・見積りは完全無料

雨漏り修理再発防止に向けて

雨漏り修理で一番大切な事は『原因箇所の特定』です。つまり「現地調査の結果」がすべてになります。しかしながら昨今、業者が雨漏りの原因を特定しきれず、状況はさらに深刻化、シロアリの問題も併発し、お客様が業者を変えて何度も工事を行い、その分の費用と時間を浪費してしまうケースが発生しています。雨漏りの原因は屋根だけではない為、修理業者は家に関する総合的な技術と知識が求められます。裏を返すと屋根だけの専門業者の場合、専門外の原因となった場合、見落としてしまう可能性があるという事です。

この原因特定には、完璧なマニュアルはありません。熟練された職人の経験値による現地での見極める力、そして自然科学の法則に沿い、散水調査などにより綿密な調査を行う事が何よりも重要です。雨漏りの原因箇所特定調査をしっかり行い、一度の工事で一期に解決しましょう。当社では現地調査の段階でも状況によっては無料で散水調査も積極的に行っております。もちろん相見積り2社以上で進めて下さい。

雨漏りの原因主な箇所と修理費用

足場工事を除く2~30万円

屋根板金

主に3つの種類(棟板金、谷樋板金、水切り板金)があり、その屋根の板と屋根の板を繋ぎ止める板金が、経年劣化などの理由で曲がってしまったり破損してしまったりした時など

足場工事を除く5~200万円

屋根材破損ズレ

屋根材がずれてしまったり、破損または落下してしまったりすると、そこから雨水が室内へと侵入し雨漏りにつながる可能性があります。

外壁全体じゃない場合5~10万円

外壁の破損

雨漏りの原因は屋根だけではありません。外壁のひび割れやコーキングの劣化により、雨水が室内に侵入してしまう可能性があります。外壁全体の張り替えの場合は上限300万円程度

コーキングの劣化5~25万円

窓枠やサッシ

窓枠やサッシが劣化したことにより、雨水が侵入し雨漏りにつながることがあります。

コーキングの劣化5~90万円

天窓

天窓のコーキングが原因の場合、状況によりますが90万円程度にのぼる事もありえます。

シーリング材塗装との相性抜群・経年劣化を予防する重要な材料

Play Video about 当社ではシーリング材:オートンサイディングシーラントを推奨|CHIKAZAWA|経年劣化を予防する重要な材料|外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理・リフォーム・外装修繕なら

このシーリング材は塗装との相性が抜群に良く、長期的な目線で見た場合の経年劣化を予防する重要な材料となります。既存のシーリングの上に新しいシーリング材を重ねてしまう事は効果という点でお勧めしておりません。職人の経験と知識を元に選び抜いているので、必ずご納得頂けるクオリティになると思っております。

家は身体の健康と同じように当社では長期的な長い目線で、屋根や外壁、雨樋や様々な箇所が経年劣化していく事を想定しながらご要望のあった修理する箇所を総合的に診断してお客様へ提案を行います。

現地調査・見積り依頼西東京市にお住まいの方へ

LINEから無料見積りをご依頼

ご住所と同住所の場合には同上とお書きください。

記事一覧西東京市