☰ 
CHIKAZAWA|屋根工事・雨樋工事・外壁工事・板金工事のリフォーム施工会社|狭山市・入間市・所沢市の地域密着型施工会社|

雨樋工事について|CHIKAZAWA|屋根工事・雨樋工事・外壁工事・板金工事のリフォーム施工会社|狭山市・入間市・所沢市の地域密着型施工会社|

雨樋工事をお考えの方へ

雨樋は構造上、土や枯葉などのゴミが溜まりやすい場所です。風で屋根に飛ばされてきたゴミが、雨によって雨樋に流されます。
ゴミ等の重みを受け、長い年月をかけて変形したり、樋吊が歪んだりする事があります。
雨の通り道なので、詰まりや歪みをそのままにしておくと思わぬ問題を引き起こす事もあります。
住宅の劣化というポイントを基調にご説明致します。

劣化を早める原因を事前に解決する雨樋工事

雨樋工事


屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝っていきます。

屋根の雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋です。
雨が降らない限り、いや雨が降ってもあまり気にかけることは少ないと思いますが、これがないと大変なことになります。
屋根を伝ってきた雨水が直接、1階部分の屋根や庇、地上に落ちることになるので雨音が非常に大きくなります。
また、屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝うことになるので、汚れが目立つようになりますし、劣化を早める原因にもなります。
ちょっとした隙間やクラックがあれば、そこから家屋内部に浸入してくるでしょう。 ご存知のとおり、水分はお住まいの大敵です。

お住まいの屋根を見渡してください。屋根の各面に対してそれぞれ雨樋が設置されているはずです。 場合によっては屋根だけではなく、広めの庇についていることもあります。 また、簡易的なカーポートにもであっても雨樋に似た構造を備えているものもあります。 それだけ雨樋は建物にとって重要な部分なのです。

雨樋の働いている時間は以外に長い

日本の気候は四季折々、雨と密接な関わりがある


日本の気候を考えてみます。

日本は世界でも類を見ないくらい四季のハッキリした国です。 雨が降るごとに近づいてくる春、さわやかな新緑の季節の後に訪れて夏を待ち遠しい気持ちにさせる梅雨、 夏の終わりを告げる台風、天高く馬肥ゆる秋と紅葉の間に刻まれる長雨、 息も景色も全てが真白な冬の日、一年を通して降水があるのです。それだけに雨樋の使用頻度と稼働率は高くなります。 台風による強風、積雪による重みなどで、雨樋は変形したり、外れてしまったりすることがあります。 こうなると、うまく雨水を排水できません。また、秋の落ち葉や土埃で詰まってしまうこともあります。 うまく排水できない場合、雨水が流れ出す先によってはお住まいへの浸水といったことも考えられます。 雨樋を固定している金具も変形や破損といった被害を受けることがあり、この場合もうまく排水できない状態になりえるのです。

無理をせず、まずは点検を

排水という重要な機能を担っているので、雨樋の不具合もお住まいのダメージに直結します。
時々、破損やゆがみ、ズレや外れがないか、スムーズに流れているかを点検してあげましょう。
高いところや見えにくい部分の調査・点検は無理をせず、当社にお任せ下さい。
工事の事は私たちにお任せ下さい。